君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 買い物のセオリー

<<   作成日時 : 2011/08/31 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私は、人に教えられるような
「人生をより良いものにするためのメソッド」を、
500から600心得ているんですけれども、
その中でも比較的みなさんにも親しみやすいものを披露しますと、
たとえば買い物をするときに、
「欲しい物があるけどちょっと高い、しょうがないから安い物で済ましておこうか」
という状況がよくありますわな。
そういう場合は、結局のところ、
多少無理してでも欲しいものを買った方が絶対にいいんですな。

やっぱり高いもんはそれなりの理由があるもんで、
特に服なんかは、良い生地を使い、良い縫製が施されとるわけです。
おかげで長持ちする。
安い物は安いだけあってすぐダメになって、買い替えたりすることで、
トータルで見れば安く済んでいない場合が多い。
「安物買いの銭失い」というのは、本当にその通りなのでございます。
という、これは物理的な理由。

さらにまたもうひとつ、精神的な理由がございまして、
これが何より重要なんでございますが、
妥協したという経験は必ずあとに響くもので、
「欲しい物を諦めて、安いもので代用した」という後悔は、
意識するにせよしないにせよ、どうしたって残ってしまうんですな。
それで欲しい物に未練がなくなればいいのだけれども、
ほとんどの場合は未練たらたらになるのが必定なのであって、
時をおいて、また同じところに戻ってくるわけです。
そしてそのときも、「欲しい、でも高い、今月はもうお小遣いが残っていない」
などといって諦めては、またしばらく経ってから欲しくなるといった調子で、
いつまでも欲しい物の周りをぐるぐる回るという実に無駄なサイクルをやるわけです。
ところが、どうでしょう。
そのときに買っておきさえすれば、もうその欲求はなくなる。
その日から、もう次のステージに行けるわけです。

もちろん、あとで金に困るかもしれないし、
そんなに無理してまで買うこともなかったと後悔するかもしれないが、
いつまでも同じものに囚われているよりはよっぽどいい。
なにより君は、その前の君とは違うステージに行けたんですから。

これはもう買い物に限らず、全てのことに言えますな。
つまり、多少無理しても、やりたいときにやりたいことをするのが一番いいのであります。

好きな子にアタックしたい、でも怖い。それでたいして好きでもない子と付き合う。
そういうのは良くない。
私にもそれがやっとわかってきたのでございます。

ですので、みなさん、これを読んだら、
さっそく兼ねてから思いを寄せるあの人にアタックしてみなさい。
良くも悪くも次のステージへ行けることでしょう。
私もそうします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
買い物のセオリー 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる