君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋愛における優先順位

<<   作成日時 : 2010/07/04 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

僕はただ、ニュースなり何なりを観て、
「できちゃった結婚」について書いただけだったのだが、
先日、何たる偶然か、比較的近い人が
デキ婚をしたという知らせが飛び込んできて、
その人の事情を知っているだけに、
勝手ながら将来を案じて、どこか絶望的な気分になってしまった。

その人は奥さんの女友達で、僕は何度か話したことがある。
すごく綺麗な人なのだが、どういうわけか自己評価が著しく低く、
自信のなさが全身からにじみ出ているような勿体ない人だった。

そんな彼女のできちゃった婚の相手は、
長く付き合っていた6,7歳年上の人
僕がなぜ素直に喜べなかったのかというと、
今までさんざんその人の悪口を聞いていたからだ。

その人とは以前二人が勤めていた会社で出会ったらしいが、
彼は、社内での評判が著しく悪く、
馬鹿にさえされるほど、仕事ができなかったらしい。
社内恋愛ゆえ、付き合っていることは他の社員には隠していたのだが、
隠す理由が、
「社内の人間関係を壊さないため」等の普通の理由とは違っていて、
「そんな人と付き合っているとなると
自分も馬鹿にされかねないから」

というのだからひどい。
おまけに、その仕事も何年かで辞めてしまい、以来デート代は全て彼女持ち。
彼は何をするでもなく、実家でフリーター生活を送り、
30代後半にして思いついたように突然「看護師になる」と言い始めたりする。
どうも芯のない人なのである。
そんな人をわざわざ選んで長く付き合うぐらいだから、
さすがに性格は合うのだろうと想像してみるも、
どうも会話の受け答えのポイントがずれていて、
話していても基本的に噛み合わないという。
聞いている限りでは、
「なんで付き合ってんねん!」
と思ってしまう有様なのである。
それに実際、彼女も彼と何度も別れようとしていたが、
一人になるのが怖いから付き合っているという話をずっとしていたのだ。

そんな相手とできちゃった結婚したというのだから、全然おめでたくない。
なぜそんなに長く付き合い続け、子供まで作って、
自分を不幸へ追い込む必要があるのだ。
一人になるのがそんなに怖いのなら、
そんな男はやめて、私の胸に飛び込んできなさい。
おじさんが温めてあげよう、と常々僕は思っていたのである。


しかし、当初は理解できなかったそんな二人の結婚であるが、
結婚後、彼女が奥さんに打ち明けた事情を聞いてみると、
そこには彼女なりの正当な理由がちゃんとあったそうだ。
できちゃった婚は予定外だったとしても、少なくとも相手に関しては、
彼女なりの優先順位によって、(たぶんしっかりと)選びとられたものだったらしい。

それには、彼女の複雑な家庭環境が深く関係している。
彼女は、幼少期からずっと、親からほったらかしにされていて、
親兄弟との肉親らしいコミュニケーションがほとんどなかったらしいのだ。
両親はほとんど家におらず、顔を合わせても型通りのあいさつだけ。
用件はひどく不躾に済ませられ、相談などもってのほかだった。
自分は大切にしてもらえない人間だという自己評価は、
この家庭環境によって身につき、
以来、彼女はいつも温かい家庭に飢えており、
大事にされる環境を探していたのである。

そこへ来ると自分の彼氏は、どんなわがままにも応え、充分に愛してくれている。
さらに、彼の家族は、まるで肉親のように自分を迎え入れてくれる。
そこが保たれていることが、
彼女にとっては、結婚の相手に求める何よりの条件だったのだ。
だから、彼とのコミュニケーションが多少うまくいかなくても、
仕事ができず、他人から馬鹿にされるような人であったとしても、
もちろん葛藤はあったにせよ、最低限、まだ譲れるラインだったのだろう。
そう考えると僕は、少し痛ましい思いとともに、納得がいったのだった。

人が、恋愛や結婚において何を優先するのか。
また、何が得られれば幸福になるのかは、さまざま。
僕が、彼女の生々しい話を書いたのは、
陰口が言いたかったためでは全くなくて、
人によって求めるものがここまで違うことに驚き、感心したからだ。

傍目からは理解できない他人の行動も、
本人にとっては、きっとどこかでつじつまが合っているのだろう。
それが前向きか後ろ向きかは別として。

当の彼女たちがそのどちらなのかは、
今の時点ではまだわからないけれども、
ともかく、どうかお幸せにと願っております。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恋愛における優先順位 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる