君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 退職とこれから

<<   作成日時 : 2010/04/02 03:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

遂に仕事辞めちゃって数日。
生来適当な性格なもんで、まあかなり気が楽になりました。
今はそれだけです。開放感。それだけ。

4年間、一般企業で働いてみて感じたのは、
やっぱりたいして好きでもないことに人生の大半の時間を費やすのには耐えられないってことと、それを、多くの大人がするように「生活のため」だって割り切って我慢できるほど僕は大人じゃないし、
そこまでまだ自分を見限れないってこと。

結婚する前から、彼女には「今の仕事は近々辞める」って言っていて、
「だったら私が働くからいつでも辞めて」と言ってくれてたんだけど、
結局仕事の事情で、結婚してから一年ぐらいは、僕が働き、彼女が家事をしてた。

そのときふと想像したことがあった。
この生活をあと数十年続けるとしたら・・・って。
そしたら、本当に冗談抜きで、死んだ方がマシだって思った。
相手の問題じゃありません。自分の問題です。
正社員として働いてれば、金の心配はないかもしれないけど、
好きでもない仕事で年がら年中忙しく帰って寝るだけで、自分のことほとんど何も出来ないのに、
奥さんのために、子供のためにとかってね、ははは、無理無理。
そんなことしてたら、俺、いつか人殺しちゃうよ。
通行人をグサグサ刺して、「誰でもよかった」とか言ってね。

我慢してりゃどっかでボロが来る。
今の時代、仕事ないかしらんけど、望ましくない仕事続けるのは無理ですよ。
だからそこの奥さんね。旦那に無理させちゃいけません。

ともかくそういうわけで、僕は仕事を辞めて、
これからは自分のやりたいことに向き合って、しばらく模索です。
金になれば御の字だけど、ならなくても、少なくとも今よりは良くなるだろうって。
「理解ある奥さんでよかったねえ」なんてよく言われるけど、それは確かにそうです。
でも弁解するわけじゃないけど、別に騙したわけじゃないのね。結婚する前から言ってたんだから。
僕もバカなら、彼女も同じくらい変わってるってことでしょうよ。
でもま、いいや。
ここはひとつ、奥さん、ありがとう。

ついでに、4年間いてもうひとつ嫌だったのは、やっぱり環境ですね。
あの会社が良くなかったのか、企業はどこもそんなものなのか知らないけど、
全体的に市役所みたいな気質の会社だからね。真面目っこさ、多いべ。

たとえば、結婚して子供産んで家建ててっていうコースが常識だと思ってる。大半の人がね。
中には社内結婚とかしちゃったりして、でもって2人とも同じところで働いてたりする人も結構いたりして。それはそれでまあいいんだけど、それができる感覚っていうのが僕なんかにはついていけないね。
あと、仕事絡みだと、学校の勉強が子供の生涯の基盤を作る、みたいなご大層な考えね。
そんなの全部嫌いだから染まることはないんだけど、いちいちイライラするから、無駄なストレスです。そんなしょうもない敵を相手にしてエネルギーを消耗してたら、使うべきところにエネルギーが回らない。
人間、いい味方をつけるのも大事だけど、いい敵を持つっていうのも大事です。
会社はいい人ばっかりだったけど、そればっかりは仕方ない。

で、そんなイライラをブログにいちいち書いてたら、ただの陰口のブログみたいになっちゃうから書かないでおこうと思うんだけど、でも生活のほとんどが会社だから、他を書くエネルギーがなかなか回らないって悪循環で。
いざ書こうとすると、変に力入っちゃって、
なんかいいこと言わないととか、しっかりした文章書かないととか、
そういうことを考えちゃってね。
書けないんですね、これが。
少なからず環境に染まって真面目になっちゃってたのかもな。

でもま、そんな日々にもサヨナラなんで、もうなんでもいいですわ。
何の役にも立たないことを書いていきますので、何も期待しないでね。

では、最後に、これからどうするかを書いておきます。
突然ですが、一年かけて映画を撮ります。
それでものになるかわからないけど、
好きなことを突き詰めていって、それでどうにか道を広げて生活できるようになればいいなと。
で、僕は子供の頃何度となく親父に
「サラリーマンが一番楽だぞ。サラリーマンになれよ」なんて夢も希望もないことを言われていたもんで腐っちゃったんで、だからせめて自分の子供には、「夢を追え」って言ってやりたいよね。
ま、子供作る気、全くないけど。

ま、そんなこんなで、これからもよろしくお願いしまーす。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プリティ・ウーマンみたいな歴史に残る名作を撮ってください。
splint
2010/04/13 23:25
>splint
あんさん、あの映画好っきゃなぁ!
thin1
2010/04/15 02:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
退職とこれから 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる