君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育は生き方を教えるべきじゃん

<<   作成日時 : 2009/12/23 20:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ダーリン。
真面目なこと、書くのは嫌ね。
嫌過ぎて、思わず女口調になっちゃうわ。
でもあとひとつだけ、真面目な話をさせて。
4年間学校教育に関わる仕事をしてきたから、思うところもあるの。
それは、私が一番なじめなかった、学校ってところの生温い現状について。

学校教育って全体的にどんどん、温和な方向に向かってるじゃない。
順位付けちゃダメとか、体罰はダメとか。
私、あれ大嫌いなの。

世の中、意識しようがするまいが、勝手に順位はついてくるじゃない。
それに、理由は理解できなくても、とにかく従わなくてはいけないというシステムが世の中にはたくさんあるわよ。
それに対してどう動くか自分で考えるのが、生きる力じゃない。
学校でちゃんと教えるべきじゃなのはそっちだと思うのよ。

順位だってつけりゃいいじゃない。
俺は勉強無理だ、スポーツ苦手だって、それを自分で気付かせたからこそ開ける道があるでしょう。
体罰だっていいじゃない。聞き分けのない子なんかいっぱいいるんだから。いいのよ。別に死にゃあしないんだし。
理由はわからないけど、とにかく殴られるのは嫌だから、こいつにどう立ち向かおうかって考えさせればいいじゃない。
先生の側にはちゃんとした理由がなくちゃダメね。でもなくたって別にいいのよ。
子供はそんなにバカじゃない。
あなたの頭がおかしいと割り切って、反面教師にするだけのこと。

とにかく学校は、世間の縮図であるべきだと私は思うの。
学校側が優しく子供に歩み寄る必要なんか全くない。
だいたい教科書の内容には事実に間違いがあっちゃいけない、真実を教えないといけないと言うくせに、
もっと大事な真実を教えないでどうするのよ。
学校だけ、ぬくぬくと、大事に大事に傷ひとつつけずに育てて、その先どうするつもりなのよ。

有害サイトもやたら規制するけど、いくらでも見せりゃいいのよ。隠そうとするから見たくなるんじゃない。
「これが売春のサイトですよ〜。やりたい人はやってみてもいいけど、病気になったりしますからね〜気をつけてね〜先生も経験あるんだけど、アソコ痛くなったり痒くなったりして大変だし、恥ずかしいからね〜。妊娠なんかしたら、これもまた大変ですよ〜。おろすにはお金かかりますし、たまに子供産めなくなっちゃったりしますからね〜。産んだりしたらもっと大変ですよ〜あんたたちまだ中学生ですからね〜」って先生が言えばいいのよ。
「はい、これは自殺を呼びかけるサイトですよ〜。まあ、参加するのは勝手だけど、死ぬのはいつでもできますからね〜。とりあえず生きておいたらセックスとかできますよ〜、セックスしてから考えるのでもいいと思いますよ〜」って、
「これクラスの人の悪口書き込むサイトね〜。いっぱい書いてますね〜。特にA君なんかいろんな人の悪口書いてますね〜。まあ、あんたも人にあれこれ言えたもんじゃないけどね〜」
ってちゃんと言えばいいのよ。

先生がすべきなのは、
子供を傷付けないために順位や体罰をなくすことでも、子供が知りたがっているものを隠すことでもない。
現実をしっかり教えた上で、
子供それぞれに合ったいろんな生き方を教えることなの。

勉強なんかどうだっていいのよ。
学校でうまくいかなくたって構わないのよ。
なのに、無理やり学校の世界に組み込もうとして、
ここが全てだっていうように教え込むから、彼らは落ちこぼれの意識をもつんじゃない。
でも実際は、彼らには他にいくらでも道がある。
日本じゃ学歴っていうのはバカにできないけど、でもそれが全てじゃない。
そのことをしっかり教えてあげるべきなの。

それ以外の、算数だの理科だの国語だのなんだの、そんなの二の次よ。
やる奴はやるし、やらない奴はやらないわ。
好きにしなさいよ、バカ!
とにかく、社会に出て路頭に迷わないように、
いろんな生き方を教えてあげるべきだと私は思うのよ。

・・・・・なんてね、
まあ、熱心に語ってはみたけど、
ぶっちゃけそんなの知ったこっちゃないけどね。
一応、教育業界にいたから、言ってみただけ。
私、仕事で小学校によく出入りしてたけど、
小学生見たらいつもサッカーがしたくなってたわ。
ちょうど蹴りやすそうな位置にあるのよ、彼らの頭が。
それ見てると、得意でもないサッカーを無性にしたくなるの。
こんな私の言うことだから、所詮まともじゃないのよ。

でも、私も子供だったときがあるから、
学校がどういうものであってほしいか、思うところはあるの。
先生は是非、彼らにいろんな生き方を教えて欲しいと切に望むわ。
そして、私にもね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教育は生き方を教えるべきじゃん 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる