君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋を結ぶアダルトビデオ

<<   作成日時 : 2009/11/23 01:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今宵はアダルトビデオの話をしたい。
と言ってもこれは単なるAVではない。
あるカップルの恋愛にまつわるドラマティックなドキュメンタリーであり、
観た誰もが幸せな気分になれるAVなのである。

それは一枚の写真から始まる。パッケージの写真がそれだ。
高校野球の応援席。応援している女子高生の中に、ひときわ可愛い子が映っている。
なにを隠そうこの子、
「高校野球の応援席で見つけたかわいい子」
としてスポーツ新聞に載ったこともあるらしく、それも頷けるほどのルックスである。
誰もが思うはずだ。この子のセックスをなんとか観たい。


直接この女の子に金を払って出演させるのは、よくあるパターン。
しかし、このAVはそれをしない。
今から4、5年前、当時付き合っていた彼氏との、
あるかどうかも定かではないハメ撮りビデオを手に入れようとするのだ。

そこでまず高校時代の2人の共通の友人を通して、
当時彼女と付き合っていた元野球部の男に会う。

現在の彼は大学4年生。
見るからにスポーツ一筋で生きてきた男で、一途で不器用といった感じ。
彼女とは3年前に別れており、それっきり連絡もとっていないという。
別々の大学に行って少ししてから向こうから別れを切り出された。
大学に入ってからも続けていた野球を彼女と会うためにさぼりがちになっていたことに、彼女が嫌気がさしてしまったのだという。
以来、好きだった野球ももうやっていないと重々しい口調で話す彼には、明らかにまだ未練が残っていた。
そこで、AVの監督は提案をする。
「私が責任を持って、二人の仲を取り持とう。
その代わりに、彼女とのハメ撮りビデオを見せて欲しい」

純粋な元彼は、隠し事ができず思わず照れ笑い。
高校時代のハメ撮りビデオ、それは確かにあり、今も彼は持っていたのだ。
だが、いくら別れていたってただでは見せてくれない。

監督はまずきっかけを作るために動き出す。
今度は、同じく大学生になった彼女に接触し、
元彼をこのAVの制作会社の新入社員ということにして、
デタラメの交渉を持ちかけるのだ。
「うちの会社に野球部を作りたいと思っていたところへ、元彼が入社してくれたが、あなたと別れて以来、野球をする気が起きないと言う。わが社のためにも、一緒に彼を説得して欲しい」と。
そこは野球場の応援席。
3年ぶりに訪れた球場では、彼が通う大学の試合がやっている。
もしあのとき彼女が望んでいたように、今も彼が野球を続けていたら、出ていたはずの試合。
わざわざその日を選んでゆさぶりをかけるのが、なんともニクい。
話を聞けば彼女の方にも新しい恋人はなく、そもそも彼とは嫌いになって別れたわけではない。
「複雑な心境ですね」という彼女の前で、
さらに監督は、彼の携帯に電話をするがつながらないといった演技をして見せる。
「本当はここに彼も来るはずだったが、
たまたま自分の大学の試合がやっていると聞いて、とても行く心境にならないと言っていた」

もちろん嘘なのだが、手が込んでいるから本当にしか見えないのだ。
彼女の気持ちはぐらつき、
「私にできることなら」と協力してくれることになる。

その後、別の店に彼を呼んで合流し、2人は3年ぶりの再会を果たす。
ぎこちない空気の中、監督は場を盛り上げながら、
彼がまだ彼女を好きなことをそれとなく伝えてやる。
彼女はまんざらでもないが、まだ決めかねている。
そこまでで一旦解散する。

「もう大丈夫。私には彼女の心を取り戻すための秘策があります」と、
監督はあとでこっそり彼に言う。本当ですか!と喜ぶ彼。
が、あいにくこれはAVである。そこはぬかりない。
「彼女とやり直したいなら、高校時代の例のビデオを見せてください」
そして悩んだ挙句の彼の手から、
遂に当時のハメ撮りビデオを入手することに成功するのである。

それは、高校時代、二人がプライベートで撮ったハメ撮りビデオ。
純粋にプライベートであって、作り物じゃない生のセックスがお目見えする。
これがなんともまあ、若々しく衝動的で大層よろしい。
ここに到るまでの道筋や彼らのストーリーを見ている分だけ、感動もひとしおである。
それだけでも充分満足できるのだが、
ここで終わらないのが、このAVのすごいところ。
2人を結びつける最後の仕上げが待っている。

監督はまた彼女を呼び出し、
「見せたいものがある」と言って、とある市民グラウンドに連れて行く。
するとそこには、3年ぶりにユニフォームを着て、泥んこになりながら守備練習をする彼の姿があるのだ。
野球を続けて欲しいという彼女の気持ちが届いたことを知り、
思わず涙がこぼしながら見守る彼女に、元彼は歩み寄り、3年越しの思いを告げる。
「もう一度やり直してください」
彼女に断る理由はもはやない。
微笑みながら「・・・はい」
すれ違った2人が、遂に再びつながったのである。
実にいい話である。

けれども忘れちゃいけない。これはAVなのだ。

最後のオチは、監督から2人へのプレゼント。
万事上手くいった2人がゆっくり過ごせるようにと用意されたホテルの部屋。
そこには、数人の盗撮隊が忍び込んでおり、
久しぶりの再会に燃える夜を過ごす二人を、
上から横から斜めからバッチリ撮影しているのである。
これによって僕たちは、現在のセックスシーンもしっかり観られるというわけ。

最後まで観て、感動してしまった。
離れていた二人を結びつけるという粋な計らいをしておきながら、
視聴者のことも忘れることなく、しっかりAVになっているその完成度に。

このビデオを通して、誰か損をする人がいるか。いや、いない。
出演した二人は結ばれ、監督は給料をもらい、観ているこっちは満たされる。
プライベートのビデオを公開するなんてなんて汚らわしい!という向きもあるかもしれないが、観られることに興奮する性癖もまたあるのである。
なんていい商売。アッパレ。

「高校野球を熱心に応援する球場で一番可愛い女子高生のエッチなSEXをお見せします」(ソフトオンデマンド)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
恋を結ぶアダルトビデオ 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる