君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS キスの理由

<<   作成日時 : 2009/11/09 01:44   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

急に変なことを思い出した。
中学1年の頃。キスについて友人が言った謎の発言。

小学校中学年の頃から声変わりをしていて、
下半身もとうに完成されていたその不良の友人は、
エロに目覚めるのも、女とねんごろになるのも友人の中ではかなり早かった。
けれどもさほど有頂天になるわけでも得意になるわけでもなく、
ただ淡々とあったことを話すのである。
その話は、まだそれらを経験したことのない当時の僕にとって、
未開の土地を旅した船乗りの体験談を聞くような魅力に満ちていたが、
見たこともない世界の話ゆえ、理解しがたいものが多かった。

その中に「ディープキス」の話があった。
キスさえしたことのなかった当時の僕に、
「ディープキス」なるものはまったく意味不明の行為で、
話を聞いても、なにが楽しいのやら気持ちいいのやらさっぱりわからなかった。
そしてあるとき、たまらなくなって、
「なぜそんなことをするのか」と聞いたのだ。
すると彼は、例によって静かな微笑を浮かべ、当然のように言ったのである。
「腹が減ってたから」

腹が減ったらおやつを食べるという考えしかなかった僕は、
その言葉に、めまいがするほど衝撃を受けた。
まだ見ぬ大人の世界の深遠を覗き込んだような気がしたのだ。

けれども、あれから十年以上の月日が流れる間、
自分でもそれなりの経験をしてはきたが、
腹が減っているからディープキスをしたいと思ったことは、一度もなかった。

その真意は未だにわからないままである。





ディープキス
楽天ブックス
恋愛max comics 著者:克本かさね出版社:秋田書店サイズ:コミックページ数:164p発行年月

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
キスの理由 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる