君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供もマナーモードにしてください

<<   作成日時 : 2009/09/28 01:08   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

僕は子供が好きでもないけれど、特に嫌いでもない。
けれども、子供が他人に迷惑をかけても、
「子供のすることだから」許してもらえると思い込んでいる、
子供に甘い大人が大嫌いである。

たとえば、ついこの間も、
3歳かそこらのまだ喋りたてらしきガキが、
混雑した電車の中で、楽しそうに歌っていた。

「 グーチョキパーで
 グーチョキパーで
 なに作ろ〜?
 なに作ろ〜?
 左手がチョキで
 右手がグーで
 カタツムリー。
 カタツムリー。

 グーチョキパーで
 グーチョキパーで
 なに作ろ〜?
 なに作ろ〜?
 左手がグーで
 右手もグーで
 もりじいさーん。
 もりじいさーん・・・

 あれぇ?ママ〜?
 右手がグーで、
 左手がグーだったら、
 なにじいさんだっけ?」


 「そ・れ・は、コブじいさん、でしょ?」

 「そっか〜!」

って、うるせえ!
なにジイさんでもええわ!
死ね!
お前の手の平にアロンアルファを塗りたくり、一生グーしか出せないようにしてやろうか!



・・・と、電車ではこんなふうに、
なぜかガキをしたいままにさせている親がかなり多い。
たまに、うるさい子供をキレ気味で注意している親もいるが、
そういう場合は、逆にその親の声がやたらでかくてうるさい
という本末転倒な結果になっていたりする。
そっと静かにたしなめる大人が、なかなかいないのは何故だ。

思うに、子を持つ親の多くは明らかに、
社会生活を行う上での自分と他者との優先順位がおかしくなっている。
身内に肩入れしすぎているのである。
我が子がかわいいという気持ちはわからなくもないし、
もし自分の子供と他人が死にかけていたときに
自分の子供を優先してしまうのは仕方ないにしても、
普段の社会生活では、まずは他人、それから身内。
その優先順位は、守っておかないといけないんじゃないかしら。

ちなみに、かく言う僕は小さい頃、
人前でうるさくわめくことなどなかったそうだ。
なぜなら、僕は実家が田舎だから移動は車で、電車に乗ることがなかったし、
大勢のいるところに嫌々長くいさせられたことがなかったのである。

というわけで、ガキがわめく時分は、
たとえうるさくしても迷惑にならない田舎で暮らさせるか、
大勢がいるところにいかないか、
どうしても都会へ足を運びたいなら、
一発で子供を黙らせる方法を編み出すべきであると思う。

だいたい、電車では携帯電話もマナーモードにするのだ。
電車に乗る以上、ガキもマナーモードにするべきであって、
子供だから許されると思ったら大間違いだ、阿呆。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
子供をマナーモードにすると、震えだしたりして・・・
ピンクパンサー
2009/10/29 04:15
>ピンクパンサー
でっかい電動こけしになったりして。
thin1
2009/10/31 02:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子供もマナーモードにしてください 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる