君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)

アクセスカウンタ

zoom RSS あるカップルの修羅場

<<   作成日時 : 2009/09/07 00:14   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

恋人との別れというのは、いつも悲しいものでございます。
けれども他人のそれは、ときに笑ってしまうこともあるもので・・・。

ちょうど昨日の夜、都内の地下鉄のホームで電車を待っていましたら、
ヴィジュアル系バンドのライブ帰りといった風情の小柄な2人がおりました。
黒やら白やら赤やらのふわっとした布切れのようなものを身にまとい、
目には黒いアイラインかなにかをひいた奇抜な出で立ちで、
年の頃ならまだ10代といったところでしょうか。

一方は、狐のように尖った目をした、いかにも気の強そうな少女。
もうひとりは対照的に、いかにも尻にひかれそうな弱腰タイプで、
言葉は悪いようですが、全体的に生まれたての子豚のような印象で醜い。
そして男にしては背丈が低い・・・・と思いながらよく見ましたら、そっちも女。
つまり2人は、いわゆるレズビアンのカップルのようでした。
そう思って見ますと、2人には、友達同士とは違う、
余計な言葉を必要としないような落ち着いた空気感がありました。

そこへ突然、狐目の女が別れを切り出したわけです。
「ねえ、悪いんだけど、私達もう終わりにしない?」

すると子ブタは、心から驚いた様子で、
「え?え?」と聞き返しました。
狐はそのまま、
「だから、私達、終わりにしたいの」と繰り返す。
おそらく狐の意思は前から固まっていたのでしょう。
少しの沈黙のあと、事態を飲み込んだ子ブタは、
泣きそうになりながら、破裂するような勢いでもって口早に動揺を吐き出しました。
「え?なに?これなに?修羅場じゃん!

「修羅場」というほどのことはまだ何も起こっておりませんで、
私は、それが深刻な事態であるとは知りながら、
不釣合いに大げさな表現に噴出しそうになるのをこらえていましたら、
続いて狐の女が口にした「別れの理由」というのに、
また笑ってしまいそうになりました。
「だって、あんた、いつもお菓子ばっかり食べてるじゃん」

お菓子です。ご存知ですか。
あのうまい棒とかビックカツとかいった、あのお菓子でございます。
しかし、馬鹿馬鹿しいと言っちゃいけない。
なにせ彼女達にとっては、今やその状況が全世界。

別れたくない子ブタは言い返します。
「食べないよ。食べないよ。」
しかし狐の女は譲りません。
「いや食べる。だって、今だって持ってるでしょ」
両者譲らずの大攻防。
「持ってないよ。持って来てないってば」
「嘘だ。絶対持ってきてる。そういうところイヤ。」
「嘘じゃないよ。だったら見てみればいいじゃん!」
と言い放って、子ブタは自らのリュックサックを開けて見せつけるんですが、悲しいもんです。狐にとってはもはや、今日の荷物の中にお菓子があるかどうかは本質的なことではないからか、なかなか見ようとしない。

けれども、「いいから見てよ!いいから!」とあまりにも子ブタがしつこく懇願するもんだから、しぶしぶ、ちらと目をやりました。
当然のことながら、チャックを全開にしたリュックサックの中には、
タオルや替えのTシャツと思しきものしか入っていない。
「ね、入ってないでしょ」と、この別れの事態に少し希望の色を見た子ブタは、
カバンを逆さにして振ったりしながらアピールし、
一方の狐は、相手を諦めさせるための次の句を考えている。
嘘のようなことが起こったのは、そのときでした。

子ブタが見せた通り、
リュックサックの一番大きいポケットには、確かにお菓子は何も入ってなかったのですが、前面にはもうひとつ小さなポケットがありました。
そのことを子ブタはすっかり忘れてしまっていたのでしょう。
カバンを逆さに振った拍子に、
閉め忘れていたそのポケットの隙間から、
2人の足元にごそっと長いものが落ちたのです。
それはそこに一番現れてはいけないもの。
黒くて長い、チョコバーでした。

それを見るなり、2人の間からなにか瞬時に潮が引くような感じがしました。
子ブタは言葉を失い、狐もあまりのことに呆気にとられる。
それは世にも長い一瞬。
そして、凍りついた時間から態勢を立て直した狐は、
重く、静かに呟いたのです。
「・・・・あるじゃん」

あんなに悲しい「あるじゃん」を聞いたことは、私にはありません。
それはおそらく決定打でした。
子ブタが観念したのが、様子から察せられました。
その後2人がどうなったのか、あいにく見ることはできませんでしたが、
子ブタの望むような形にはならなかったのは確かだと思います。

別れは、いつの世も、悲しくておかしいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奇人変人コレクション (総集編)
詳細はよくわからないが、 『教えて! 街で見かけた“変な人” 』 というテーマでネタ特集というのをやっているらしい。 もともとこのブログ、ほとんどそんな内容のことしか書いていない。 過去の記事を遡ってみたらやたらとあるので、これを機にまとめてみました。 古くはルームメイトの話から、最新の謎のおばさんものまで。 ...続きを見る
君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術...
2011/03/03 19:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
処ジョを捨てたい女子大生が生ハメせがんでくるww
あまりにも気持ちよくて中だししちゃった(笑)
喜んで腰ふってくるんだこれがwww
http://au-au-a.net/d1/
さいとう
2009/09/09 14:04
「え?なに?これなに?修羅場じゃん!」ってところが、この日一番の冷静な子ブタさんの発言だったと思いました。
阿修羅
2009/10/29 04:19
>阿修羅
コメントありがとうございます。
「修羅場じゃん」っておもしろいですよね。
この不思議な客観視。なんだろうな。
thin1
2009/10/31 01:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あるカップルの修羅場 君も僕もポーカーフェイス2 (言語と芸術のサロン)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる